So-net無料ブログ作成
検索選択

マレーシア航空機 墜落 最新情報とまとめ 中国の動き 噂など [ニュース]

スポンサードリンク




3月8日に発生したマレーシア航空機墜落について
現在の最新情報をまとめてみました。


中国の動きの良さや、いろいろ飛び交う
気になる噂なども合わせて追いかけてみます。


いまだに不明な事が多い中、機体の残骸?が
見つかるなど、少し進展しそうな気配も出てきました。


真相はどうなるのでしょうか。



スポンサードリンク









●事件の概要

2014年3月8日にクアラルンプール国際空港を
飛び立ったマレーシア航空370便。
(到着予定地は北京首都国際空港でした)



出発時刻は午前0時41分。
機体はボーイング777-200ER
約50分後の午前1時30分の交信を最後に
消息不明になったことから始まりました。



乗っていたのは搭乗員あわあせ239人
幸い日本人はいませんでした。
(中国人が最も多く153人でした)



ただ、盗まれたパスポートを使い
乗り込んだ乗客が2名いたことから
当初はテロの可能性も、などといわれていました。



消息を絶ってから20日たった現在でも
詳細な原因等ははっきりしておらず
様々な憶測がとびかっている状態です。




●現在の最新情報

大手航空機メーカーのエアバス社が今月23日の
衛星写真をマレーシアに提供しており、インド洋の
南の海域に残骸らしき物体が122個、点在している
事がわかりました。



物体の大きさは1メートルから23メートルほどまで
様々で、海域400キロメートルにわたってちらばって
いる模様です。



機体の一部の可能性のある物体が映る衛星画像に
ついて、エアバス社以外にもオーストラリア、中国からも
提供をされていると合わせて発表しています。



マレーシア政府が発表した衛星画像はこちらになります。

a href="/_images/blog/_1f0/chotokini-news555/E3839EE383ACE383BCE382B7E382A2E888AAE7A9BA-E8A19BE6989FE794BBE5838F.jpg" target="_blank">マレーシア航空-衛星画像.jpg
(画像:47news.jp



それにしても、これだけの時間と多くの国が
捜索をしているにもかかわらず、いまだに
機体と思われるものは回収されていません。



最新情報に関しましては、新しいことが
わかりましたら、随時更新したいと思います。




●中国の対応

今回、行き先が北京だったことに加え
中国人の乗客が多かったこともあってか
捜索支援の宣言など、非常に早かった事が
印象的ですね。



丁度3月1日に中国、昆明の駅で無差別殺人が
起きたばかりのタイミングでした。


内政が荒れている中国で
「新疆独立派のウイグル族によるテロ」
と市当局が発表したこの事件。



実は武装警察によるものでしたね。



政治権力をめぐっての動き、民族的な動きなど
様々な憶測があるなか、テロ出合った場合の
対応を迅速にできるようにとの動きではなかったのかと
(これは勝手な憶測ですが・・・)




●様々な噂


「自爆テロ」の噂

中国の動きでもあったように、今回の事故は
乗客の中に、オーストリア人とイタリア人2名の
盗まれたパスポートを使い登場していた人物がいました。



ICPO等の調査により旅券密売組織のイラン人だと
発表されています。



事故発生当初はこのあたりがわからなかったため
自爆テロではないかという憶測を生んだ
原因になっていますね。



機長の「了解、おやすみ」発言

これは機長の自殺説、などがあります。


機長はザハリエ・アハマド・シャー (Zaharie Ahmad Shah)さん
53歳で飛行時間は18365時間
副機長はファリク・アブドル・ハミド (Fariq Abdul Hamid)さん
27歳で飛行時間は2763時間



今回の事故、実は機長が自ら通信装置を切り
通信を途絶えさせたといわれています。



ですが、最後の通信をした場所は、
通常の飛行を行う高度であり
周囲のレーダーで発見できて
いないことから



通信を切った後に、急に高度をさげ
かつ、Uターンをしようとしていた
とも言われています。



これは、イギリスの通信衛星会社
インマルサットによるもので
「ピング」といわれる電子が検出さてています。



このピングを調べた結果として交信を途絶えさせてから
6時間は飛行を続けていたということです。
(その飛行経路も、予定とは全く異なりいました)



また、機長の自宅からフライトシュミレーターが
発見されており、特殊な飛行訓練をしていたのでは
ないかと。。



そして機長が、前日に熱烈に支持をしている
政党党首が同性愛容疑で有罪になり
その抗議として自殺をしたのではないかと。。



ちょっと強引な話な気もしますが、どうなんでしょうか。



9.11説

何せ機体が見つからないのでいろいろな説が出ており
中でも、ほんとになったらちょっと怖い説ですが



なりゆきが9.11とあまりに似ているため
同一の組織?が裏でなにかをしているのではないか!
という説ですね。


アメリカ 9.11自作自演テロで自国民虐殺 ↓ 犯人像アルカイダをでっち上げ ↓ イラク侵攻




・中国 マレーシア航空自作自演ハイジャックで自国民虐殺 ↓ 墜落場所を南シナ海とでっち上げ ↓ 南シナ海侵攻




9.11では飛行機は実際にはビルに
突っ込んでいないそうなのですが
今回も実は墜落していない?
という説もあります。



理由としては

・乗客の携帯電話が着信可能

オンラインゲームがログイン中



など・・・
こうなってくると七不思議みたいな
世界の話になってきますね。。



と、ざっくりですがマレーシア航空機の件を
まとめてみました。


まだまだいろいろな事実が出てきそうなので
随時追加情報も!と思います。


スポンサードリンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。